脇汗 わきが…制汗剤はNG!

この季節大変不安なのが「わきが」ではないでしょうか?

ワキガの特徴は、あの独特なツンとした臭い…です。
これはアポクリン腺から出る汗が 雑菌や皮脂タンパク質と混ざって酸化することが原因です。

この臭いの元でもある酸化物質は、実は悪玉活性酸素によって生み出されます。要因として飲酒・喫煙・激しい運動や不規則な生活・ホルモンバランス・肥満・ストレスなどが原因です。
こうした要件が悪玉活性酸素が体内で大量に増加し、臭いが強くなってしまいます。
(臭いの度合いは、悪玉活性酸素の量によって差があるからです)

しかし、ワキの臭いを抑えようと市販されている「制汗剤スプレー」などを使う方も多いのではないでしょうか?


でも これってワキガ臭を悪化させてしまいます! ので要注意なんです。

理由は、制汗剤が毛穴にフタをしてしまう事になり発汗作用を止めてしまうので、体内に毒素が溜まりやすくなります。通常は体外へ排出されるはずの汗や毒素が体内に溜まってしまう事で、なお一層ワキガを悪化させてしまう訳です。

制汗剤に依存せずに、ワキガを改善することを考えましょう。

よくワキガ手術…という手段も聞きますが、それはかなり重篤な場合で必ずしも完治するという保証もありません。(再発ですね)
肝心なことは、体内に毒素の原因でもある悪玉活性酸素や酸化資質を溜めない事! いわゆる体質改善である根本的な方法ですね。


お試しいただきたいのは、「しっかりした高濃度の水素水を飲む事」と「こまめな水素風呂の活用」です。
実際に、ワキガでお悩みの女性が水素水と水素風呂の活用で長年悩んできたワキガから解放された…というご報告をたくさん頂いています。

CMであるような制汗剤に依存せずに、日常生活で改善していきましょう。