疲労回復と言っても…まず知っておきたいメカニズム。

筋肉疲労には「肉体的筋肉疲労」と「精神的肉体疲労」の2種類に分けられ、さまざまな要因があるとされています。


1.肉体的筋肉疲労

スポーツによって起こる激しい動きや、長時間同じ体制だったり、立ちっぱなしなど、繰り返し行うことで筋肉疲労が起こります。運動によって起こる筋収縮により、筋肉への酸素供給が間に合わなくなると、血液中にあるブドウ糖が不完全燃焼を起こし、筋肉中に乳酸がたまって収縮させます。筋肉が縮むと血行が悪くなり筋肉痛になり筋肉疲労になります。

2.精神的筋肉疲労

筋肉疲労は運動からだけでなく精神的ストレスによっても筋肉疲労につながってしまうのです。仕事のトラブルや人間関係、電磁波や排気ガスといった環境からのストレスを感じることによって、自律神経が侵され血液の流れが悪くなります。血流が悪くなるとけん怠感や脱力感、胃腸の異変、首周りの筋肉がこってくるなどの症状が現れます。

では、筋肉疲労を早期に回復させる方法を…

1.有酸素運動

軽いジョギングなどで無理のない程度に行う運動は、血流が活性化し硬くなった筋肉を柔らかくする効果があります。息が切れない程度に行うことがポイントです。

2.入浴

入浴時に湯船につかりリラックスして血流を良くすることもいいですが、筋肉疲労を感じている部分に温水と冷水を交互にかけると、筋肉内部の血管が広がりさらに血流が活性化し疲労が取れやすくなります。ジムなどでサウナと水風呂を繰り返し入るのもおすすめです。特に水素風呂だと相乗効果が大いに期待できますので、やってみて下さい。

3.睡眠

十分な睡眠をとることも筋肉疲労回復には大きく貢献します。特に成長ホルモンが活性化する夜10~深夜2時にぐっすり眠ることが大切です。そうすることで新陳代謝を活発にし疲労回復へ導いてくれます。寝る前の水素水の飲用も大切です!

4.栄養素

筋肉疲労に効果がある栄養素はクエン酸・アミノ酸・タンパク質・ビタミン類・亜鉛を含む食材を積極的に摂取することが大切です。黒酢や大豆製品、脂質の少ない肉や魚、牡蠣やレバー、チーズなどもおすすめです。

5.水素吸入

最期に新陳代謝と血流を活性化させること、すなわち水素吸入が一番効果的と言われています。

バランスの良い食事と生活習慣が一番なのは 皆様ご承知のはず…でもなかなか続けるのも難しいのが現実ですね。

生活の中に「水素」を上手く取り入れて 健康生活をお過ごしください。