すっかり見かけなくなった「酸素カプセル」…その訳は?

ひと昔前までいろんなスポーツジムに設置され筋肉疲労回復に効果的と話題となった「酸素カプセル」今では一向に見なくなりました。

       その理由は一体なんでしょうか?

人は生命維持活動のためにエネルギーを作らないといけませんが、そのエネルギー生成時に必要となってくるのが「酸素」ですよね。
その取り入れた酸素の約2%が活性酸素に変わるといわれており、体内に侵入した細菌やウイルスを退治してくれる役割を担っていますが、必要以上に増えてしまうと健康な細胞にまで攻撃してしまい酸化させてしまうのです。

こういったことが分かってきて今や酸素を体内に取り込むことが逆に「活性酸素を増加させてしまう要因」になってしまうということで、酸素カプセルはめっきり見なくなったと同時に水素への注目が集まってきました。

筋肉疲労を早期に回復させるには新陳代謝と血流を活性化させることが一番の近道だということがわかりました。ではその2つをどのようにしたら活性化させることができるのでしょうか、それができるのが「水素吸入」なのです。


水素を取り入れる方法として鼻呼吸で水素を取り入れる「水素吸入」をお勧めします。
水素と酸素を混合させたガスを鼻呼吸によって粘膜吸収させることによって、もっとも効果的に血液中に水素を送り込むことができるのです。
水素には運動によって起こるエネルギー代謝および新陳代謝を促進する作用があり、さらに血管力をアップさせ血流を良くする作用もあります。

血行が良くなることで全身の細胞が活性化し、細胞分裂を促進することで筋肉疲労の早期回復になるのです。また水素には活性酸素除去をはじめ、免疫力を向上させるなどのさまざまな効能もありますので、まだ水素吸入を体感したことのない人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。