記憶力…衰えたくないですよね。

     記憶力が衰えた…と感じませんか?

 

人が老いを感じるのは、体力や運動機能の低下 女性であれば美容に関するシワ・シミ・たるみなど様々な症状によって いやでも自覚させられます。


が、一番は記憶力が悪くなった時が多くないですか? また、物忘れがひどくなったと感じたら認知症を疑います。


昨日のお昼は何を食べた? 昨日街で会ったあの人…えっと 名前が?  TVを見ていてこの俳優のの奥さん なんて言ったっけ?  などなど、日常生活にはありありですね。


それが水素水を習慣化して摂る事でこれらが予防出来れば、これから高齢化していく社会情勢を考えればとてもうれしい事です。

 

 

以前から脳の老化も活性酸素が関与していると考えられ、活性酸素は水素によって取り除かれることがわかっています。
ですから記憶力低下、認知症などの予防になると考えられています。(実際 認知症・パーキンソン病治療に使われています)

 

発端は、マウスでの実験でした。マウスにストレスを与え(狭いところに閉じ込めたりする)記憶力低下の状態にし、約6週間観察した訳です。

 

普通の水を飲むマウスと水素水を飲むマウスとでは記憶力の差がはっきりしていたのです。
水素水を飲んでいた方が、神経幹細胞の増殖能力も良い結果が出ていました。


生活の中での「物忘れ」…年齢にあまり関係ないように思いますが、私たちの年齢になると社会的な活動の幅が少なくなっていますので、つい物忘れしたときのショックは大きいような気がします。


あまり気にしてしまうのも弊害ですが、あくまでも予防対策としても水素水の飲用・吸入は続けたいものですね。