「睡眠障害」…水素水で改善効果を!

水素水による「睡眠の質改善効果」の臨床試験ってご存知ですか?

実は、水素水を飲み続けていると、

  • よく眠れるようになった
  • 朝すっと起きれるようになった
  • 寝起きが良くなった
  • 朝起きた時の体が軽くなった

など、睡眠の質の改善に伴う効果を実感する方が多くいらっしゃいます。

実は、水素水と睡眠の質の関係は健常者に対する臨床試験で検討されており、その効果の一部が立証されています。
健康な人が健康増進目的で水素水を飲むことで得られる効果の1つとして注目されています。

 

睡眠の質に対する水素水の効果を検証した臨床試験の概要

この研究は大阪市立大学で行われました。

健康な男女26人を2つのグループに分け、
一方には1日300ミリリットルの水素水(0.8ppm〜1.2ppm)を、もう一方にはただの水を4週間飲んでもらいました。

そして試験前後に、睡眠の質を評価するピッツバーグ質問票にて、両グループの睡眠の変化を定性的に評価します。
その結果、水素水を飲んだグループで優位に睡眠の質が高まっていたことがわかりました。

上記臨床試験では、「効果あり」というデータを得るために水素水を4週間飲用してもらっています。
また、2016年に当サイトが行った調査では、「睡眠の質の改善を実感している人のうち約75%が、2週間以内に効果を実感した」という結果も得られています。


水素水は効果が出るまでの期間に個人差があります。
早い人は2週間程度でも「寝起きが良くなった」「すっきり目覚められるようになった」などの効果を実感されています。


ただ、上記内容は試験であり1日300mlというのはあまりにも少ないようです。小分けしてでも最低1リットルの飲用で検査すると、結果も違ってくるかと思いますね。