水素水で「代謝アップ」を!

年齢とともに気になるぽっこりお腹…このぽっこりお腹の原因のひとつに、内臓脂肪があります。


最近よく耳にする、内臓脂肪とは何なのでしょうか?

そしてぽっこりお腹を効率的に解消する方法や水素との関係性とは何?

そこで内臓脂肪とは

お腹につく脂肪は「内臓脂肪」と「皮下脂肪」に分けられます。お腹の肉を手でつまんだときに、簡単につかめる脂肪は皮下脂肪、つかみづらい脂肪が内臓脂肪です。内臓脂肪は男性に比較的溜まりやすく、内臓のまわりの腸間膜に蓄積されます。

内臓脂肪がたまると、動脈硬化を進行させ、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を引き起こす恐れもあります。

内臓脂肪はこんな人が為やすい傾向にあります。

  • 緑黄色野菜をあまり食べない
  • タバコや飲酒が多い
  • 満腹になるまで食べる
  • 甘い飲み物や食べ物を好んでよく食べる
  • 日頃あまり運動しない

で、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて代謝が早く、蓄積しやすいものの、食事制限や運動を心がけるだけで比較的減りやすいのが特徴です。
代謝を上げることで、より早く内臓脂肪が減っていきます。

代謝アップとミトコンドリア

ダイエットを効果的に行うには、代謝をアップさせることが重要です。

代謝をつかさどる「ミトコンドリア」とは?

食物に含まれている、脂質や糖をエネルギーに変える「エネルギー代謝」には、ほぼすべての細胞に存在している小細胞器官「ミトコンドリア」が重要な役割を果たします。

このミトコンドリアは、酸素を用いて脂肪や糖を分解し、エネルギーの源となる「ATP(アデノシン三リン酸)」を作り出します。しかし、ストレスや運動不足、不規則な食生活などが原因でミトコンドリアの機能が低下するとATPが不足し、年齢とともに代謝が悪くなってしまうのです。

期待される水素の「ミトコンドリア」保護作用

ミトコンドリアを活性化させるには「食事をする時は腹7分目に抑える」「適度な運動を行う」などが効果的だと言われています。
また、生体外ではありますが、水素がミトコンドリアを保護したという実験結果も確認されているため、今後のさらなる研究が期待されますね。
(ここで言う「水素水」とは、分子状水素医学シンポジウムが定めた最低基準(水素含有量0.08ppm以上)にあてはまるものです。)