「ガン治療」は活性酸素が激増?

水素吸入をメインにガン治療を行うクリニックの医師が大変増えています。

 

その理由とは?

『抗がん剤治療中は体内でヒドロキシルラジカルが大量に発生し、これが肝臓や心臓や腎臓などの諸臓器の機能を低下させ、免疫力や治癒力を低下させる原因になっています。

さらに、ヒドロキシルラジカルはがん細胞の悪性化を促進します。水素ガスを体内に取り込むことは、抗がん剤の副作用軽減に有効です。』

 

と、積極的に水素療法を取り入れています。

抗がん剤の中には、フリーラジカルの破壊力を利用して、がん細胞の核のDNAを破壊し、がん細胞を死滅させるものが多くあります。

放射線がガン細胞を殺す力も、放射線が体内の水分と反応して発生する活性酸素によるものです。

このように、放射線や抗がん剤により発生するフリーラジカルは、がん細胞にだけ作用すればいいのですが、そのように都合よく行かず、正常細胞までダメージを与えてしまう問題があります。

抗がん剤は正常な細胞にもフリーラジカルによる障害及びDNAの変異を起こします。これが「放射線や抗がん剤は発がん剤」という矛盾を生む理由です。

 

抗がん剤治療や放射線治療の数年後に、新たなガン(ガンの再発:2次ガン)の発生率が高まることは多くの研究で確かめられています。

正常な細胞や組織が障害を受けて機能が低下すると、体の抗酸化力や免疫力や体力も低下します。 抗がん剤や放射線治療の副作用の最も大きな原因は、これらの治療が正常細胞に酸化ストレスを増大させるからです。

 

手術による組織や臓器の切除は炎症を引き起こし、傷が治る過程で活性酸素やフリーラジカルの産生が高まります。手術によって、体力や栄養状態が低下すれば、体の抗酸化力も低下しますので治癒力は低下します。

この現象は、がん切除手術後など治療後に、今までより体力がなくなり、急に「元気がなくなったり、やつれたりする」ことでお分かりのことと思います。 抗がん剤や放射線や手術などのがん治療は、酸化負荷を増大し、抗酸化力を低下させ、その結果、酸化ストレスを増大させます。

 

酸化ストレスの増大は、DNA障害によって遺伝子変異を引き起こし、がん細胞の悪性化を促進します。 酸化ストレスの弊害を抑えるための抗酸化剤は、ビタミンC、ビタミンE、カテキン、リコピン、コエンザイムQ10などいろいろあります。しかし、どれも副作用のないものはありません。

副作用がなくて、安全に悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)だけを除去できるのは水素だけです。

 

また、ちょっと血圧や血糖値が高いかなという程度の人と永年、血圧硬化剤のお世話になり、その結果、重度の糖尿病で腎機能が不全で透析治療一歩前の人や、抗がん剤や放射線治療で身体がガタガタになっている人がいるとします。

これらの人たちが、疾病改善のために必要とする「水素の量」はそれぞれ全く異なるということです。 このような場合の治療方法に最適とされているのが、「水素吸入治療法」なんですね。

 

この方法ですと、「水素の量」を考えた時に、飲む量を考慮する必要がありません。時間があるときに「水素を吸入」するだけですので。 自宅で簡単に始められることと、治療費がかからない訳です。