この季節 唇荒れませんか?

「唇が荒れる」という経験は 誰にでもあるかと思います。

 

 ふと机の引き出しや医薬ボックスの中を見ますと、色々なメーカーのリップスティックがゴロゴロ・・・ それも中途半端な使い方のまま。。。なんてことも。

 

唇は水分を保持する角質層がとても薄く、皮脂を分泌する皮脂腺がないので、荒れやすい構造をしています。

唇の乾燥に有効とされる処置をしていても改善しない場合は乾燥以外に原因があるかも…間違ったリップケアを続けると症状が悪化する可能性があります。

また口唇炎は、唇が炎症を起こして赤く腫れたり、唇が裂けて出血したり、唇がカサカサして皮がむけたりする症状です。

 

口唇炎には、色々なタイプがあり、アトピー性口唇炎、接触性口唇炎、剥離性口唇炎、光線口唇炎などがあります。

原因としては、空気乾燥・口呼吸・唇をなめる・紫外線・水分不足が指摘されています。 多くの場合、放置していても自然に回復する病気なので特に治療を行わない方が多いですが油断は禁物なんです。

 

症状が長期化したり悪化したりする場合もあるので、寝る前には蜂蜜を唇に塗っておくのが、いちばんカンタンで効果的・・・なんて方法もあります。

 

でも、もっと「良い方法」を教えちゃいます。

スパに付属のの洗顔ボウルに温めのお湯かお風呂の水温のお湯(37℃~41℃)を入れます。(洗眼しなければ入浴中でもOKです) 顔をうずめて下さい。(浄水のようにきれいな水(お湯)であれば、目をパチパチしながら唇を横に伸ばしたりしてください)

 

これを3~5回ほど繰り返してみて下さい。初めはしみる感じがしますが、徐々になくなります。 もちろん携帯型の水素水でもOKです。(できるだけぬるま湯で、お皿の形状の器に入れて唇を浸す)