水素水は、「飲む」「入浴」そして「吸入」の時代へ!

今では病院以外でも水素分子(H2)の医療応用の研究が急速に進んでおり、虚血再還流障害や急性肺障害や神経変性疾患や潰瘍性大腸炎などの様々な疾患モデルでの実験や、2型糖尿病やメタボリック症候群なども臨床試験において、水素分子の有効性が示されています。

 

体内で発生する活性酸素は、体の構成成分を酸化することによって、老化を促進し、動脈硬化性疾患やがんなど多くの疾患の原因となっています。また、慢性医関節リュウマチや潰瘍性大腸炎などの自己免疫疾患や慢性炎症性疾患では、組織の炎症によって産生される活性酸素が疾患の進行や増悪を引き起こしています。

したがって、活性酸素の害を取り除くことは、老化関連疾患や慢性炎症性疾患の治療に有効なんです。

 

しかし、活性酸素には体に必要な「善玉」もいて、全ての活性酸素を消去すると体の機能に悪影響を及ぼす可能性もあるというジレンマがありました。その点水素は、活性酸素の中でも体の組織や細胞にダメージを与える「悪玉活性酸素(=ヒドロキシルラジカル)」だけを消去し、善玉の活性酸素の働きを妨げないことが明らかになっています。

しかも極めて小さいので体内のどこにでも容易に浸透できます。

 

例えば、水素ガス(H2)の分子量は2ですが、ビタミンCの分子量は176、ビタミンEは431、コエンザイムQ10は863という大きさで、水素ガスの数十倍から数百倍の大きさです。

水素ガス以外の抗酸化物質は分子量が大きいことや脂溶性や水溶性のどちらかの性質を持つため、体の中で働ける場所が限定されます。一方、水素ガスは小さいので、血管が閉塞していても組織に浸透して働き、血液脳関門も容易に通過できるので、脳内にも到達して抗酸化作用を発揮します。

 

このように、水素ガスは生体にとって理想的な抗酸化物質と言えます。 水素は気体として吸入させるだけでなく、水溶液として経口投与、静脈内投与、あるいは局所投与によっても効果が発揮され、多方面で医療用途の可能性が報告されています。

現在、水素は脳梗塞などの治療に使われている他、健康食品や美容分野でも活用されています。 大手クリニックでは、最も水素ガスの効果が期待できる水素ガス吸入と水素風呂を抗老化や美容や抗がん剤治療の副作用軽減や慢性炎症性疾患の治療の目的で実施していますし、今後 もっと増えてくることは間違いないでしょうね。

 

1台2役の水素吸入器 ラブリエリュクス 登場!