糖尿病の合併症は コワイです!

厚生労働省のホームページによると、日本国内だけで“糖尿病の疑いが強い”とされる人は現在900万人以上。
さらに“可能性を否定できない”予備軍は1430万人合計するとなんと日本国内だけで2330万人!

ちなみに糖尿病が生活習慣病と呼ばれる理由は、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が引き起こす2型糖尿病が全体の95%を占めているためなんです。

糖尿病は、すい臓から分泌されるホルモンの一種・インスリンが不足、またはインスリンが正常に働かずに、血中に含まれているブドウ糖の値・血糖値が下がらずに起きる病気ですよね。
血中のブドウ糖はそもそも大切なエネルギー源なのですが、これが高血糖になると大問題。皆さんの周りにも“血糖値”を気にしている人が、たくさんいますよね?

でも、糖尿病の合併症って聞いたことありますか?

糖尿病には、恐ろしい合併症があり、失明・心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こすことをご説明しますね。
ではなぜこんな合併症が起きるのでしょうか? と言いますと~

「糖尿病は体中の血管をボロボロにしてしまう」こんな話を聞いた事がある方も多いでしょう。毛細血管の集まる目や、血管トラブルが死につながる心臓や脳。そう糖尿病の合併症には“血管”が関係しているのです。



血管の内部では、血糖値が高い状態のままだと「糖化反応」が起こります。これにより本来血管を作るためのタンパク質が「糖化タンパク質」に変化します。
元の機能が失われ、血管が正常に作れなくなるのです。さらに、大問題なのが、この糖化の過程で細胞を傷つける悪玉活性酸素が大量に生み出されること。悪玉活性酸素が血管を傷つけ、結果として血管のいたる所で酸化トラブルが起きます。これが血管の障害=糖尿病の合併症を招くのです。

そして、この「糖化タンパク質」。実は最新の研究では高血糖だけでなく加齢によっても増加する“老化”の原因物質であることが分かっています。
糖化反応によって血管内で大量に生まれる悪玉活性酸素が、身体を“酸化ストレス”状態にかたむけ、様々な血管トラブルを起こします。加齢によって起こる動脈硬化なども、これと同じメカニズムで起きると考えられています。

血管内で大量に発生する悪玉活性酸素をいかに取り除き、血管を若々しい状態に保てるか。
ここでも水素水・水素が大いに活躍します。糖尿病の合併症としても知られる動脈硬化に対しても水素水・水素が効果的に働くことは既に医学的に証明されています。

糖尿病だけでも避けて通りたい病気ですし、その合併症ともなると想像を超えてしまう怖さを感じます。
血管内の酸化ストレスを排除し、血流を円滑にするために 水素水を飲んだり水素風呂を活用して下さいね。