人の体は酸性? アルカリ性?

さて、人間のカラダって酸性 アルカリ性?

 

水素水の「酸性・アルカリ性」に関する質問が寄せられます。 意外と知られていない情報の一つですし、間違った解釈もあるかと思いますので今一度発信しておきますね。

 

私たちが普段食べている食品には、酸性のものやアルカリ性のものがあります。 栄養学でいう酸性食品・アルカリ性食品と呼ばれているものは、その食品そのものが、酸性であるとかアルカリ性であるとかという事ではないのです。(ここが間違えやすいです)

それらの食品を摂取して、それらが体内で酸性を示すのかアルカリ性を示すのかという事をあらわしているのです。

 

カルシウム(Ca)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)などを含む食品は、これらのそれぞれが、体内では陽イオンとなり、アルカリ性を示します。 よく例にあげられるのが、梅干です。 これと同様に柑橘類も食べた時は、酸っぱく感じます。それ自体は確かに酸性ですが、これらは典型的なアルカリ性食品と呼ばれているものです。(これも間違えやすいですね)

 

人間の体は、pH値が7.35~7.45を保つようになっています。(いわゆる中性に属しますが、文献によっては弱アルカリ性と表示している場合もあります) 食品によってからだが、酸性やアルカリ性に傾倒する事はありません。

例えば、酸性食品と呼ばれているものばかりを食べている人は、pH値が7以下の酸性を示すかというとそうではなく、ちゃんとpH値が7.35~7.45の間になっています。

 

調査によると典型的な肉食のエスキモーの人たちを調べると、pH値が7.35~7.45の間になっていますが、尿や汗が酸性傾向が強い事を示しているそうです。 つまり、からだをアルカリ性にする為にアルカリ性食品ばかりを食べていても、からだはアルカリ性になるのではなく、肉ばかりを食べている人のからだが酸性になる事は、決してないのです。

ですから、アルカリ性●●というような食品や飲料をあえて意図的に摂取する必要性は、本当はありません。 日常の食生活でしっかり摂取している訳です。(人間の体のメカニズムは スゴイ!ですね)

 

ですから、ジームスシルキーで生成した水素水が「中性」である事の重要性が お分かり頂けたかと思います。

一般的な水素水生成器のほとんどが「アルカリ性」を示します…pH値8.5以上ですね。 値が強い(高い)製品になりますと、9.5以上のpH値もあります。(アルカリ性は14という数値が最も高いですので、かなりな数値だという事です)

 

人間のカラダ…生体水と言いますが、化学的中性点=pH値が7.35~7.45  ジームスシルキーの水素水はpH値が7.38~7.6ですので中性の水素水であることがわかります。

従いまして、体の隅々まで浸透する速さに差が出ます。 食品は、それぞれに重要な役割を持っています。これは酸性食品だから、これはアルカリ性食品だからと過敏に反応せずに、バランスのとれた食事を心がける事が、最も大切なのです。

そして、老化や病気を先送りにしたり、未然に防ぐには「中性の水素水」が重要であるという事ですね。

 

昔からある「アルカリイオン水」とか「還元水」と言われる飲料は、アルカリ性を強調していますが 胃弱な方や内臓疾患のある方には不向きと言われる所以がここにあります。 (胃酸を薄めて消化力を低下させる事で、最近は表示をしなくなったという経緯があります)

 

ヒトの体を構成している水分の約65%~70%=生体水と同じ水素水を飲む事が、一番安心ではないでしょうか?

 

ヒトの体の水と同じpH値の 水素水が安心!