認知症について考えませんか?

認知症の予防と改善!

 

《認知症の種類(主なもの)》~

◆アルツハイマー型認知症(全体の約50%)

アルツハイマー病は脳内で特殊な異常タンパク質が増えることにより、脳の活動に障害が発生し認知機能が低下するとされています。

アミロイドβ(ベータ)というこのタンパク質が蓄積により脳の神経細胞が急速に壊され、脳の委縮がすすみます。

 

脳の重さでは、通常1.4kg前後ある成人の脳が、発症から10年程経過すると6割以下に減少します。 脳の委縮で最初に影響を受ける部分が、脳の側頭葉の「海馬」と呼ばれる部分です。この「海馬」は短期記憶を司る場所なので、「少し前のことを覚えられない」という記憶障害が、病気の初期で起こってくるのです。

 

◆脳血管性認知症(全体の約20%)

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を起こした後にその後遺症として発症します。急性の脳梗塞や脳出血が原因で認知症が発症するケースと、小さな脳血管障害が脳の各所で発生しているうちに認知症が進むケースがあります。

そうしたケースの違いや、障害発生の場所の違いにより症状は異なります。 脳血管性認知症の原因である脳梗塞や脳出血などの脳血管障害が引き起こされる原因は、ほとんどの場合、生活習慣病(高血圧、動脈硬化症、糖尿病、高脂血症など)とされています。

 

◆レビー小体病(全体の約20%)

レビー小体病は、アルツハイマーやパーキンソン病に似ている症状が現れますが、病気の初期から「幻視」が多くみられるという特徴があります。

「レビー小体病」は脳内の神経細胞内に出現する特殊なタンパク質「レビー小体」に由来しています。

病状が進行する際にレビー小体が大脳皮質全体に多く出現します。

 

※水素水の効果

水素水を飲用することで、水素摂取の最大の効果である活性酸素の除去と血流の改善により、脳細胞の働きを高めることが期待できます。 そのため、認知症の原因である脳の委縮に対して、改善や進行を遅らせる効果があるとされています。

 

特にアルツハイマー型と脳血管性の認知症は多くの改善事例が報告されています。 活性酸素を除去し動脈硬化のリスクを下げることができ、脳内の血栓のリスクを軽減することで認知症の方は改善がみられますし、正常な方は認知症の予防に効果が期待できます。

 

最近では、若年認知症(50歳代)も増えている時代です。

 

まだまだ大丈夫!!  なんて思わず、自分では気が付かないケースが一般的です。 今日からでも、水素水生活を!