田舎の水は 美味しい?

★では、田舎の水は?

 

昨日に続きまして、今日は田舎の水についてお話しましょう・・・

 

何となく、都会の水より田舎の方が美味しい水が飲めそう…という感覚でいるのは私だけではないかと思います。

 

「うちは田舎だから、水は安全だよ。おいしいよ。」という方がいますが、田舎の水道水ほど「危険」という警鐘が鳴らされています。

 

なぜなら、農薬や除草剤がたっぷり溶け込んでいる可能性があるからです。(昨今、無農薬栽培が多い中 ゴルフ場からの汚染水も問題になっています。)

 

日本では大量の農薬が使用されています。日本の耕地面積は世界全体のたった0.3%しかないのに、世界中の農薬の12%が日本で使われている実態があります。

狭い土地で、大量の農薬・除草剤が撒かれ、それが川や地下水の流れ込んでいる訳です。 農薬の一番の問題点は、自然界で分解されないことです。自然の汚れであれば、水中のバクテリアがエサとして食べ分解しますが、人工的に作られた化学物質はバクテリアのエサにはなりません。

 

バクテリアが食べなければ分解されず、どんどん残留、蓄積していきます。 農薬が体内に入ると、男性は肝臓に溜まり肝臓ガンを、女性は子宮に溜まり子宮ガンを引き起こす可能性があるといわれています。

ここ数年、子宮がんが急激に増えた原因は 水の原因であるといっても良いかも知れませんね。

 

次に、「虫やウイルス」についてです。 たしか10年ほど前に埼玉県越生町で、住民約13800人のうち約8700人が集団下痢、腹痛を起こしニュースになりました。その原因は、水道水でした。

水道原水にクリプトスポリジウムという寄生虫がいて、浄水場で処理されず、水道水を通して全町民にばら撒かれてしまったものでした。 クリプトスポリジウムは塩素消毒では死滅しません。そして、感染者が一人出ると、その人の体内で繁殖したクリプトスポリジウムがトイレから川・浄水場を経て、また水道水に混入し、それを飲んだ人が次々と感染し、大量の感染者が増えてしまうのです。

 

クリプトスポリジウムに感染すると、激しい下痢・腹痛などの症状がでますので、免疫力が低下している人は最悪死んでしまうこともあります。越生町では幸い死者は出ませんでしたが、アメリカのミルウォーキーでは1993年、クリプトスポリジウムが原因で4400人が入院し、数百人が死亡するという大事件に発展しています。

塩素は、菌を死滅させることは出来ますが、ウィルスや寄生虫を殺すことは出来ません。冬になると、「ノロウィルス」がニュースに登場してきますが、これもまた塩素では死なないので、水道水の中で生きています。

 

私達の知らないところで、ドンドン塩素の混入率が高くなっている事も知っておくべきかと思います。

 

最後に、今恐ろしい状態になっている「水道管」

浄水場で作られた水道水は、水道管を通って各家庭まで運ばれますが、この水道管の材質と老朽化も問題になっています。 まず、水道管の材質についてです。既に使用禁止になっている鉛管、アスベスト管が、全国ではなんと、まだ20%も残っています。

 

取替え工事が急ピッチで進められていますが、遅々として進まず、5件に1件は、まだ鉛管やアスベスト管が使われています。お宅の水道管は大丈夫ですか? 鉛管を通ってくる水道水には、わずかではありますが鉛が溶け出ています。

たとえ微量でも、鉛は重金属なので、いったん体に入ると体外に出すのは困難です。鉛が溶け出た水を飲み続けると、鉛中毒を起こし、脳の成長を阻害し、脳障害、痴呆を引き起こす可能性もあります。

また、腎臓障害を引き起こすことも。 次にアスベスト管ですが、アスベスト管を通ってきた水には、1リットル中100万本ものアスベスト繊維が溶け込んでいると言われます。アスベストは、直径0.04~0.06ミクロンの、とっても微細な繊維であるため、目で確認することは出来ませんが、アスベスト入りの水を飲むと、消化器系(食道、胃、腸)に刺さり、ガンを発生させる可能性があることが知られています。

 

また、現在主流の塩ビ管も問題です。塩ビ管を通ってくる水には塩ビが溶け出ています。塩ビは環境ホルモンの一種です。

環境ホルモンは、 ・精子の減少 ・不妊症 ・性行動の異常 ・性同一性障害 ・卵巣ガン、乳ガン などを誘発する可能性があると言われています。 さらに、水道管の老朽化も問題です。 全国の上水道管のうち、ほぼ地球1周分にあたる約3万8000キロの水道管が、法定耐久年数の40年をとうに過ぎています。

 

掃除もしないでずっと使い続けている水道管の中はどうなっているのでしょうか?

赤サビで管は細くなり、あちこち腐食していて、その内側は水アカや細菌の温床になっています。

 

決して脅かすつもりはありませんが、これが今の現実です。 井戸水も、様々な成分が含まれており(ミネラルも含まれていますが)、生活用水としての使用は大きく問題ないかと思いますが 飲用とした場合、水道水のように殺菌を目的とした凝集剤が混入されていないために、不安は残ります。

 

生命線である「水」ですが、使う水によって生成できる水素水も違ってくることも知っておいた方が良いかも知れません。

 

美味しい水で 水素水を生成して下さいね。   ブルーソーラーウォーターとセットが人気です!