今の水道水事情・・・

さて、本日は「水道水」について新着情報が入りましたので、普段なかなか知り得ない事ですので参考にされて下さい。

 

以前は「日本の水道水は世界一安全」と言われていましたが、最近では、水道水に対して不安や不満を持っている人が増えています。

 

「おいしくない」「安全性について不安」などの理由から、水道水をそのまま飲む人もどんどん減っています。

では、水道水をそのまま飲む人は全体の約3割! 水道水って本当に危険なの? を検証します。

ある飲料水についてのアンケートによると、「水道水をそのまま飲む人」は全体の約3割のみ。 残りの約4割の人は「浄水器」を使うと答え、さらに残りの約3割の人たちも、沸かしたり、炭を入れたり...と、何らかの手を加えて飲んでいると答えています。

 

つまり、全体の約7割の人が、水道水をそのままでは飲んでいないということですね。日本の水道水神話も崩れたといっても過言ではないようです。

 

今日と明日、シリーズでお届けしますが「水道水の危険な実態」について知っておくべき情報をお届けします。

まずは、『塩素』です。

私たちが流したトイレの水、お風呂の水、食器を洗った水...。それらはすべて下水道から川に流れ込み、水道水の原水となります。 色々なところから流れてきた水が混ざって水道水の原水になるわけですから、そこには当然、雑菌や大腸菌がうようよいます。

 

そのまま飲んだら病気に感染してしまうかもしれません。 そうならないように、浄水場では塩素を2回投入して病原菌を殺菌消毒します。

塩素は、水道水の安全を確保するために絶対必要なものですので、水道法で1リッター当たりに0.1mg以上の塩素が残るよう決められています。

ただこの基準は、「浄水場から一番遠い家で最低0.1mg」という条件つきですので、当然浄水場に近い家ほど塩素濃度が高くなっていきます。

 

最も浄水場に近い家では、塩素濃度が1mg/リットルにもなるそうです。なんとこれは、スイミングプールの塩素濃度よりも高い値です。(皆様が経験のある プールの塩素臭ってかなりキツイなって感じがしますよね、それよりも高い濃度って事になります)

 

次に、『アルミ』です。

水道水にはアルミが含まれています。アルミといっても金属クズが入っているわけではないので、知らない方も多いと思います。 なぜアルミが入っているかと言うと、浄水場では、細かいゴミや塵をまとめて沈殿させる工程がありますが、この時に凝集剤として使われているのが、硫化アルミニウム、ポリ塩化アルミニウムなどアルミ成分が含まれた薬品なのです。

 

この薬品を入れることで、濁りやゴミはなくなりますが、液体化したアルミ成分は水道水に残ります。そうすると、水道水を通してアルミも一緒に飲んでしまうことになります。 アルミを摂取し続けると、腎臓機能障害やアルツハイマー型認知症を引き起こす可能性があります。チョット怖い話ですね・・・

 

そして、『発ガン性物質トリハロメタン』

水道水に入っている成分の中で、最も危険なのはトリハロメタンです。

トリハロメタンは、川から取水した水(原水)を塩素で消毒するときに生まれてしまう発ガン性のある物質です。

浄水場では消毒のために塩素を投入しますが、水中のフミン質に触れることで化学反応を起こし、トリハロメタンが発生してしまいます。 また、トリハロメタンは発ガン性物質であるだけでなく ・流産 ・肝臓・腎臓障害 などを引き起こす可能性がある物質ともされています。

 

これらを考えますと、大気汚染や酸性雨などの気象や環境汚染によって、私達が日常的に使用している水道水は年々危険度を増している事になりますが、一般の生活者はこういう情報を知りませんし 公開もされません。

 

明日は、水道管や農薬の混入について お届けしますね・・・(田舎は大丈夫! とお考えの方は、しっかりお読みくださいね)

 

水素水は、美味しい水で飲みましょう!