朝風呂のススメ…

朝風呂で眠っていた体をリセット!

藤原紀香さんも絶賛の「朝の水素風呂」です。

 

お風呂は、時間に余裕のある夜に入るという方がほとんどではないでしょうか。

1日の疲れを取りながら心身ともにリラックスできるバスタイムは至福のひとときをもたらしてくれます。

また、体が芯から温まるため、自然な入眠効果も期待できます。

 

では、これから1日がはじまる朝のお風呂にはどんなメリットがあるのでしょう。

夜の入浴で得られる効果に加え、ぼーっとした頭をすっきりさせる効果があるようです。

眠っていた体をリセットし、すっきりした気持ちでスタートできそう!

体が温まることで眠くなるのでは? と思われがちですが、習慣化することでその後の活動がしやすくなります。

 

例えるなら、車のエンジンを暖気するようなイメージですネ。 起きたばかりの体は1日の中でもっとも体温が低い状態にあることをご存じですか? 

 

これは、交感神経と副交換神経の切り替えによるものと考えられています。起きている間は体を活発にさせるため交感神経が刺激され、体温が上がります。 反対に、体を休めることを目的とする睡眠時間には、リラックスをもたらす副交感神経に切り替わり、並行して体温も下がります。

 

そのため、昼と夜の体温差には個人差はありますが、約1度の開きになります。

体温は室温や気温によっても変化するため、夏場は冬場に比べて高くなる傾向があるようです。 体温が下がっているとき、お風呂にじっくりつかることは想像するだけで気持ちが良いものです。

 

体温が上がることで交感神経が刺激され、活動モードに切り替えることができます。 朝風呂で目覚めがすっきりするのはこのためです。

また、お風呂に入ることで血流が良くなり血管が広がると、肩こりや冷えの改善にもつながります。

 

ところが、体温が低い状態からいきなり血管が拡張されることで思わぬ事故を招くこともあるようですので、温度差に潜むヒートショックなどには注意が必要です。

 

                       朝の水素風呂で、美容と癒しと健康生活を体感してみませんか?