健康診断の結果は?

健康診断…結果はどうでしたでしょう?

 

会社や団体などで受ける一般的な健康診断には、X線検査や血圧の測定、尿検査、血液検査(貧血、肝機能、血中脂質、血糖値、尿酸値)などがあり、地域の高齢者向けの健康診断には、主に生活習慣病やメタボリックシンドロームなどの特定健康診断がありますよね。

 

健康診断で発見される病気で多いとされるのは、がんや糖尿病、心臓病、高血圧、脂質異常症などがありますが、要再検査という結果が出れば、しかるべき病院などでの再検査が必要になりますし、チョット不安な気持ちになります。

 

健康診断の結果が悪く、これから健康志向を心がけたいとお考えの方は、一度『水素水生活』を始められてはいかがでしょうか。

 

生活習慣病をはじめ、健康破壊のリスクをともなう病気の90%は活性酸素が原因といわれており、また健康や美容の老化による衰えも、活性酸素が体内に増えることで進行してしまいます。

水素水は活性酸素がもたらす病気のトラブルに概ね有効なので、その予防と改善には最適な健康志向のための手段と言えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえば、水素水は糖尿病に対してインスリンを分泌させる作用や、インスリンの効き目を高める効果のほか、糖代謝を促進する働きがあるので、糖尿病の改善に大いに期待できます。

 

また、水素水は活性酸素が原因の過酸化脂質という有害な物質の発生を防ぐことで、血管内をきれいにしますので、水素水の血圧を下げる効果が期待できます。 そして、水素水は脂肪の分解を促進するホルモンを増加させ、中性脂肪を減らすといわれています。

 

またミトコンドリア内の活性酸素の発生を抑え、中性脂肪をエネルギーに変える手助けをして悪玉コレステロール値を下げる効果を発揮します。

その他、痛風などのリスクがある尿酸値が高かった場合、水素水を摂ることで、酸化ストレスを防ぐとともに利尿効果で尿酸も減らし、高尿酸血症から進行する痛風への予防や、抗酸化効果による痛風の改善にも役立ちます。

 

これら活性酸素による酸化ストレスでおこる病気には、SODというヒト本来がもっている酸化還元酵素が有効なのですが、年齢とともにその体内生成が減少してしまいます。

 

本音で「水素水が良いですよ」と語ってくれる医師の絶対数は少ないですが、医師は水素水が病気の原因を改善してくれることをちゃんと知っています。 西洋医学は、経営主義ですので致し方ないようです。 自分の病気や健康は、水素水生活で予防・管理しましましょう。

 

今日からでも、始めましょう! 水素水で健康管理を ・・・