水素水の効果的な水温

水素水を 水だけで飲むのは飽きませんか?

 

水素水って「常温の水」で生成する事は、皆様ご存知かと思いますが、気温の低下や日常的に水ばかり…となると、なかなか継続も難しくなりますよね。

 

水素は、生成した時点から水温を上げていくと同時に、どんどん減少していきますので、いくら高濃度の水素水でも沸かしたり、お茶の水温(70℃~80℃)まででも ほとんど抜けていると思って間違いありません。

 

以前から、水素水を飲用した段階で口から胃 腸へと届く段階で、約45%の水素は体温による蒸発や・気化・飛散として減少することはお伝えしています。

 

一方で、体温と同等な水素水は どうか…と言いますと、10~15%程度しか抜けない事が分かっています。

 

ジームスシルキーという、業界初の「熱湯でも水素水を生成する」生成器の溶存水素濃度は、550~750ppb(水質の違いによるバッファ)ですので、10%前後の水素減少でも、しっかり効果を発揮する濃度が腸まで届く事ができます。

 

だとすると、熱いお湯で水素水を生成して、お茶・コーヒー・紅茶など、味を変えて水素水を飲用する事ができる画期的な生成器と言えますね。

 

特に高齢者の方は、冬の寒い期間「水」だけの水素水はキツイはずです。

 

ジームスシルキーの人気のヒミツは、こうした技術に裏付けされています。

 

味を変えての水素水は、しっかり継続もできるし 楽しく健康生活を送る事ができます!