水素水のデメリットって?

今や空前の水素水ブームですが、一般の生活者はなかなか専門的な知識を持ち合わせないのは当然ですが、水素水関連の事業者でも「水素水の事」に関してしっかりとした知識をもっている方は 意外にもそう多くありません。

 

良い事づくしで勧誘する業者も多いのも現実ですね。

私の言う「知識」とは、水素水のメリット…だけではなく デメリットも含めて説明ができる。。。という事です。

 

メリットを簡単に説明しますと、老化や病気の原因は体の中に発生した活性酸素が細胞を傷つけ、その機能を悪化させることが原因のひとつだといわれています。

この活性酸素の悪影響を抑えるのが抗酸化作用です。 私達人間の体で抗酸化効果が期待されるのは、抗疲労、抗炎症、免疫強化、持久力強化といった健康面の効果や、コラーゲンやヒアルロン酸といった肌の保湿成分の回復、血流を促進し肌の代謝を高めるなどの美容効果です。

 

健康面でも美容面でもこの活性酸素の働きを抑える、抗酸化効果のより高い成分が求められています。

 

そんな中、水素水効果のメリットは、水素の分子が小さいので体全体の細胞のどこへでも行くことできることはもちろん、実際にその効果がほしい場所へ容易に到達し、抗酸化効果を発揮してくれます。 このあたりは、すでに皆様はご存知の内容ですね。

 

では、【水素水効果のデメリット】について… 水素水の効果や効能については、大学や研究機関など多方面からの研究論文での報告があり、健康や美容についての水素水の活用も今では大きく広まっています。

 

また、水素水には副作用もなく安全性も認められています。 それでは水素水を飲用することによるデメリットはないのでしょうか。

 

一般的に耳によくにするのは頻尿、つまりおしっこが近くなることと、回数が多くなることです。

毎日飲む水の量が多くなれば当然のことかも知れません。 しかしこれは、デメリットというより尿が多くなることによる病気予防のためのメリットの方が大きいと思われます。

 

ただし、過活動膀胱などで普段から頻尿の方が水素水を飲むと、余計に近くなるのでデメリットと感じてしまうかも知れません。

もう一つは発汗量が増えることです。

水素水によってミトコンドリアのエネルギー産出量が増えて体温が上がるため、それを冷やすために発汗量が増えてしまいます。

 

普段から汗カキの方は、さらに汗カキになるというデメリットがあります。 ただ、発汗作用を促すことは ヒトの機能を活性することでもあり デメリットという表現が正しいとは思えません。

世の中に存在するものは、都合よく「何でもOK」という事にはならず、何かしらのデメリットは存在するものです。

 

が しかし、メリットの方がはるかに大きければ そちらを選択する事が大切ですよね。

頻尿や発汗量が増える事も、生涯続くものではなく あくまでも機能改善される一定期間だと考えて下さい。

その方の一番脆弱な部分や症状が改善されるのであれば、一定期間の辛抱くらい頑張ってクリアしましょう!

 

では、今日もしっかり水素水を飲んで頑張ってまいりましょう。

 

デメリットはひと時・・・メリットは 生涯!  今日から「水素水で健康生活」しませんか?