梅雨前の健康管理に

少し早いですが、「梅雨前の予防」についてお伝えします。

 

梅雨の時期になると細菌が繁殖しやすくなるので、食中毒に注意が必要です。食中毒の菌に限らずカビなども繁殖しやすくなります。

 

食中毒は菌による毒素が直接の原因ですが、体力が衰えていたり、体調が悪いとなりやすくなります。

また湿度が高く蒸し暑い時期はだるい、頭痛などで体調が悪くなりやすくなりますし、腰痛や関節痛が起こりやすくなります。

 

梅雨の時期は何かとストレスがいっそうたまりやすくなりますので、健康管理には充分に気をつけたいものです。

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水素水で体の代謝を高め、疲れやストレスに打ち勝ち、うっとしい時期を健康で乗り切りたいものですネ。

 

ただ、6月や7月の梅雨時期といえども、雨がやんだら強い紫外線がふり注ぎます。

紫外線を直接肌に浴びると皮膚の内部に活性酸素が発生し、肌トラブルの原因になりますので、くれぐれもご注意ください。

 

水素水を飲んで活性酸素の発生をできるだけ抑え、体の内部からケアしてください。また水素水パックで肌トラブルの予防を心がけたいものです。

また、女性には髪の毛がまとまらい嫌な時期でもあります。

 

水素水は頭皮の健康にも効果があります。血行をうながし、頭皮を清潔にすることで髪の毛のべとべと感も少なくなります。

雨の日が多くなると、人間に限らずペットの散歩もおっくうになりがちです。だから梅雨時期はペットもストレスがたまりがちです。

 

ペットにも代謝を高めるため水素水を飲ませて上げてください。水素水はペットの老化予防にも多いに役立ちます。 湿度が高いとなおさら蒸し暑く感じます。室温のみを下げると冷え性などで体調を崩す原因となります。

湿度管理に注意して、できるだけ発汗を促すことが必要です。 部屋の湿度が高いまま温度を下げると、発汗作用が起こらないので代謝が衰え体調が悪くなります。

 

体の発汗作用は健康に重要な役割がありますので、水素水で発汗作用を促し、梅雨の時期の健康管理に役立ててください。

 

梅雨が明けるとまた酷暑の夏がやってきます。この時期は体調をこわしやすいので、水素水を健康管理にぜひお役立て下さい。

 

梅雨前の健康管理方法でした!