ペットにも「水素水」を!

犬や猫などのペットの腎不全・白内障などの改善にも水素水は効果があります。

 

最近の動物病院では、水素水のアルミパック販売から、水素水生成器の販売へ切り替えた獣医が多いようです。

 

犬の平均寿命は短いものなら7年、 長いものでも12年から13年といわれています。一方、猫の平均寿命は12年から14年といわれています。

 

私達人間の平均寿命の2割にも満たない年数で亡くなってしまいます。

 

犬や猫などの愛すべきペットで、私達人間はどれだけ癒されていることでしょうか。ペットは人間の長い人生で、気持ちのぽっかり空いた穴を埋めてくれることがあります。

 

せっかく家族の一員として飼われている犬やねこが、飼い主ならせめてこの寿命を健康で全うしてほしいと願わずにはおられません。

 

犬の死亡原因のトップは、やはり人間と同じガンが52%、続いて心臓病が15%、そして腎臓病が9%だそうです。

一方猫の死亡原因のトップは、これもガンで35%、続いて腎臓病が25%、そして心臓病が10%だそうです。

 

さらに犬もねこも、肝臓病や糖尿病が続いています。 この死亡原因を見ると、ペットの病気も私達人間がかかえている生活習慣病の問題と同じだと思えます。だとすれば生活習慣病の原因の活性酸素が、彼らも同じように病や死の原因の一つだと言えるでしょう。

 

犬や猫(ねこ)などのペットの腎不全・白内障などの改善にも活性酸素を抑える、抗酸化作用をもつ水素水は効果があるのです。

 

注意が必要な事は、犬や猫にミネラルウォーターを与えると、ミネラル分が多過ぎて尿結石になり、大切なペットの寿命を短くしてしまいます。

かといって水道水をそのまま与えると、有毒な塩素が含まれています。

 

特に高齢の犬やねこには、ミネラル分や塩素が完全に除去された中性の水素水が理想的です。

また犬や猫の高齢による白内障の治療にも、水素水を与えると効果があります。

 

是非 家族の一員として、ペットにも水素水を飲ませて下さいね。  ヒトもペットも 高濃度水素水を!