アスリートは 水素水をなぜ使う?

水素水の疲労回復効果!について…

 

毎日の仕事や家事、子育て、介護で「体がクタクタ」という方が多い現代の女性やビジネスマン。

ある調査によると、我が国の約6割の方が日常生活で「疲労」を感じているようです。

 

さらに、その1/3の方が半年以上続く慢性的な「疲労」で悩んでいるそうです。

さらに、その半数の方が「慢性疲労」のため、日常生活や労働に何らかの支障をきたしていることが判明しました。

 

そもそも、「疲労の正体」とは、いったい何だと思いますか?

 

今までは、肉体疲労は体がエネルギーを作る時に発生する「乳酸」が一番の原因だといわれていました。だから、「乳酸」を体にためないことと、ビタミンB1を摂ることが疲労回復効果への近道というのが常識でした。

ところが、最近の研究では「肉体疲労」も「精神疲労」も、「活性酸素」が深く関わっているということが分かってきました。

 

「活性酸素」といえば、病気や肌トラブル、老化の原因、悪の元凶の「活性酸素」です。

たとえば、肉体を使って仕事をしたとき、使った肉体の部分には負荷がかかります。 負荷がかかると、細胞の防御をするため急激な代謝(細胞の再生)が行なわれます。このため、大量の酸素が送られてきます。

 

結果その部分に過剰な「活性酸素」が発生します。その「活性酸素」が、筋肉細胞を酸化しようと攻撃します。

また、私たちの脳は、感覚、知覚、思考、知的処理などで常に負荷がかかっています。従って脳細胞は常に大量のカロリーを使い続け、大量の酸素を必要とします。 その結果脳細胞にも過剰な「活性酸素」が発生し、脳細胞を酸化しようと攻撃します。

 

「疲労」は、「活性酸素」によって傷つけられた細胞が、脳に危険信号を送ることで脳は疲れを感じているのです。

つまり、肉体疲労も精神疲労も、「活性酸素」によって細胞機能が低下した酸化ストレスが「疲労」の正体だったのです。

「活性酸素」といえば、「抗酸化作用」のある「水素」をその疲労している部分に送り込むことで疲労回復効果が得られます。 だから、「疲労回復」には、肉体や脳で発生した「活性酸素」を「水素」で中和し、酸化ストレスをできるだけやわらげることこそが疲労回復への一番の方法だといえます。

 

「水素水」はその「抗酸化作用」で「活性酸素」を取り除くことのほか、乳酸の上昇も抑えることができますので、疲労回復効果があります。

「水素」は、分子が一番小さい物質なので、「疲労」を感じている肉体にも脳にも直接抵抗なく送られますので、「水素水」を摂ることが疲労回復には一番近道の方法ではないでしょうか。

 

サプリメントや滋養強壮ドリンクも一定の効果は認められますが、その時だけの回復では根本的な改善とは言えず、コストも大変かかってしまいます。 疲労回復 即効薬として、多くのアスリートが「水素水」を活用している理由がわかる気がしますね。

 

疲労回復や慢性疲労の方には、手軽に飲める高濃度水素水を!