やはりマルチ商法でした・・・

あの「IZUMIO イズミオ」がマルチ商法で摘発!

 

5年以上前から、水素濃度2.6ppm…をウリで発売されたアルミ製パックの水素水? イズミオが摘発されたようです。

消費者庁が「効果が認められない」と報道しておりました。

 

当製品につきましては、メルマガでも初期の頃約4年ほど前に 同じことをお伝えしてきました。

2.6ppmという表示で売り出した商品でひと頃人気がありましたが、これは工場製造工程での充填数値であり、飲む段階では数百レベルまで落ちている事を当時からイズミオも認めております。

 

メルマガで、アルミパック製品は飲む段階ではほとんど「水」ですよ・・・と、何十回となくお伝えしてきました。 (異論の方も多いかとおもいますが、カラクリを説明しますと、パック本体はアルミ製で二重・三重ですので本体からは 簡単に水素は抜けませんが、キャップや飲み口だけはプラ製です、ここが最大のネック) 従って、工場から搬送される過程で振動による水素の飛散・透過による抜け・・・これをメーカーは的確に表示していません。

 

しかしながら 「売るために」・・・マルチ商法を販売促進対策としたこともうなずけます。ウンウン・・・

ここ2年間ほど、過剰生産と販売不振で大量の在庫を抱えていたようです。

 

問題は、マルチ商法で高額な製品を売りさばいてきた事です。当社にも かなりの相談件数実績があります。

30パックで約12,000円を5~10ケース単位で 買わされる訳です。かなりのご高齢者がダマサレたようです。(高齢者が 誰かを次々と紹介するというマルチ行為には相当な無理があります)

 

水素水が効果が無い・・・のではなく、IZUMIO イズミオの水素水パックに対して示唆しておりますので、誤解なきようお願い致します。

 

何せ、水素の性質や水素自体を添加物として厚労省が認可しています。 アルミ製水素パック製品は、まだまだ多くの種類が販売されておりますが、購入する消費者側もコストや製品自体の情報をもっと知っておく必要がありそうです。

 

水素水は、飲みたい時に すぐ生成できる自然製法(電気分解方式)を お選びください。