高血圧には 要注意です!

高血圧を予防する水素水の効果とは?

 

高血圧症になりやすい方は、塩分の取り過ぎ、喫煙、甘いものや糖分の摂り過ぎ、悪い生活習慣などが原因となっている場合が多いようです。

また過度なストレスを受けた時にも、高血圧になりやすといわれています。40歳代以上は、要注意なのです!

 

このような体に負担がかかる状態が続きますと、血中にも活性酸素が発生します。血管内の活性酸素は細胞膜を破壊するので、それを修復するため血液中にはLDLコレステロールが増えてしまいます。(意外と知られていません)

 

LDLコレステロールや中性脂肪が血液中に増えると高脂血症になり、高血圧症以外に動脈硬化症、またそれが原因の脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

 

高脂血症になると血液ドロドロ状態になり、血流が悪くなり血圧を上げてしまいます。

一方で、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が活性酸素に酸化され、過酸化脂質という有害な物質が発生します。 この過酸化脂質は血管の内部に付着して、なお一層血流を悪くします。

 

血流が悪くなると、血液により血管内の圧力が上がり、高血圧になってしまいます。

 

細胞膜の酸化ストレスをおこす活性酸素を水素で中和することで、LDLコレステロールの増加を防ぎ、血液サラサラにし血流を良くしますので水素水には血圧を下げる効果がある事が最近の臨床検証で明らかになっています。

 

水素水を毎日続けることは、高血圧を防ぎ健康を守る良い生活習慣といえます。