コラーゲンって知ってます?

そろそろ「コラーゲン」を見直しませんか?

 

ビタミン至上主義が長く続き、次にコエンザイムQ10が世間で話題になりました。

そして、コラーゲン…抗酸化物質(エイジングケア)として注目を浴びてきた訳ですが、コラーゲンは抗酸化物質の中で一番分子量大きい事を知らない方が多いようです。

肌や細胞までの浸透力として比較しますと ~

・水素  分子量2

・ビタミンC 分子量176

・イソフラボン 分子量222

・アスタキサンチン 分子量596.82

・コエンザイムQ10 分子量863

・コラーゲン 分子量約10万~30万  となります。

水素の大きさは、1Å(オングストローム)ですので、100億分の1メートルという事になり、細胞の250万分の1という小ささが水素としての最大の特長であり、他の抗酸化物質にはないものです。

 

また、水素は水にも脂にもなじみやすい特別な性質を持っています。そのために、細胞膜をカンタンに通過でき細胞の奥深く浸透する事ができます。 従って、1気圧での水素の飽和量は1.57ppmと言われますが、例えば200mlには約40兆数千万個の水素が含まれています。

 

飲用しますと、約20分で体内の1つの細胞に対して「約300万個」もの水素が行きわたる計算になる訳ですね。

高額なコラーゲンより、宇宙最小の抗酸化物質の「水素」を見直ししては如何でしょうか?

 

水素水のチカラって、高額な化粧品より優れたアンチエイジング ケアに最適なんです!