好転反応…って?

気を付けたい「好転反応」という用語や表現…

 

水素水を飲み始めて最初の頃はいろいろな変化が現れます。 体の中から不必要なものを排泄する働きも活性化するため、そういった現象が現れている可能性は充分あります。

 

例えば水素水を飲み始めたことで、糖尿病になるという症例は現在1例も報告はありませんし、理論的にもあり得ないと思います。

考えられる理由としては、水素水を飲むと血流量が増えることで、尿流(尿の勢い)が良くなる場合があるようです。

 

また、水素水の水素は活性酸素と結びついて水になることは広く知られていますが、この水分量は極々微量のため、尿の量が増えるほどではありません。

代謝水として、生命維持活動に必要な水分として利用されているか、余ったごく微量が尿になる程度です。

 

『好転反応』という用語は健康増進法や、薬事法で禁止されているのですがご存知でしたか?

 

カイロプラクティックや整体、美容・健康に興味のある方であれば1度は聞いた事があるかと思います。

心身に良いことをした時に必ずと言ってよいくらい起きる、日本語では「好転反応」、英語では「クレンジング・リアクション(浄化作用)」と呼ばれる体の反応で、体が浄化され良い方向に向かっている、素晴らしい証拠です。

 

水素水の飲用の場合も、各自異なり、最初は頭痛、次は便秘、その後は倦怠感、そして、昔の古傷がうずき、皮膚の問題が出始めるなど、様々な形で次から次へ、またいろいろな症状が同時に出てくることもあります。

 

「排毒作用」と考えるのが一般的で、潜在的な自身の症状を教えてくれるサイン…と考えても良いかも知れません。

いずれにしても、水素水を飲用して病気になったり、体調を大きく崩したりという事は「無い」という事です。

 

未病・予病対策には、高濃度の水素水を!   家族皆で「1歩先の安心と健康を!」