水素水の副作用…

水素水に副作用はないの?

 

水素水・水素の力に注目が集まるにつれ、水素水や水素入浴剤など多くの製品が商品化されています。

日常的に水素を身体に取り入れることが出来るようになった一方で、水素には副作用はないのか。

こんな事を気にする利用者も少なくないのではないでしょうか。

 

結論から言えば、副作用の心配はありません!

 

これまで水素は悪玉活性酸素のみに作用することを説明してきました。悪玉活性酸素と反応し無害な水に変える訳です。 では体の中に悪玉活性酸素がなければどこに行くのでしょうか?

 

実はそのほとんどが呼気や体を通過して体外にそのまま出てしまうことが分かっています。

多量に摂取したとしても水素は拡散性が高く、悪玉活性酸素と結合しなかった余分な水素は身体から抜けていきます。

 

副作用を起こすまでもなく体の中から出て行く水素(H2)は、とても安全で安心なことが分かっています。

現在もっとも害があるとするならば『水素水・水素の注目度』や『水素が無色無臭無味』であることを知った上で、全く水素が入っていない商品を販売したり、濃度の低い(効果が無い)製品をあたかも高濃度のように堂々と宣伝し売りつける悪徳な業者が存在することです。

中には水素(H2)の学術論文をもっともらしく商品の説明に引用し、太田教授の名前を勝手に使うなどして消費者を平気で騙す、あきれた業者も存在しているようです。

 

機器本体も同様に、耐熱性や防水機能を装備していない製品は多々見られます。

修理費用で利益を出す…という業者が多いのも事実です。 1年や1年半程度の使用で、1万円程度の費用がかかる製品には注意が必要です。(2万円~4万円の商品に多いので注意)

 

この時代、5年~10年は部品交換不要の技術が搭載されていて当然ですので、購入の際はランニングコストも考慮する必要があります。

 

しっかり見極めて、壊れやすい水素水生成器にご注意です!