パーキンソン病…対策は?

パーキンソン病と水素水の関係とは?

 

この病気は脳内の「黒質」という場所から出るはずのドーパミンが分泌されにくくなり、脳の神経細胞の連絡伝達に異常が生じて、脳からの指令が届かず、痺れや震え、身体が動きにくくなります。

 

また、自律神経の機能が低下して、便秘、低血圧、排尿障害、発汗障害、性機能低下、睡眠障害や、物忘れなど、様々な症状が出ることが分かっています。

なかでも有力視されているのが、「活性酸素による酸化ストレス」。加齢などで生じた活性酸素が脳を錆びさせ、パーキンソン病を起こすという説です。

 

九州大学大学院とパナソニック電工のグループは、活性酸素が原因で起こるパーキンソン病の予防、治療に水素水が有用であることを発表しています。

活性酸素が原因で起こるパーキンソン病等の脳神経変性疾患の予防と治療に、水素を含んだ水の飲用が有用であり、大きな効果をもたらす可能性があることがわかりました。

 

現在、治療の中心となっている薬剤療法には副作用がありますが、水素水は全くの無害。 さらに浸透性の高い水素は、脳の神経細胞はもちろん、血管から遠い脳の部位にまで到達することができます。

 

活性酸素を取り除き、脳を元気に。いま水素水と水素は、パーキンソン病患者の運動機能の改善と病気の予防に大きく役立つ、新たな治療方法として注目を集めています。

 

現代人に一番必要な『水素水』