鼻炎・花粉症の辛さ…

花粉症は「アレルギー性鼻炎」の一種で、アレルギー性鼻炎にはハウスダストやカビなどを原因とする通年性のものと花粉などを原因とする季節性のものがあります。

 

日本でもっとも多いとされるスギ花粉の場合患者数は2500万人とも言われ、年々増加の一途ですね。

 

アレルギー性鼻炎などの“アレルギー”が起こるメカニズムは、体内に入り込んできた抗原(アレルギーを引き起こす原因物質)を体の「免疫システム」が異物と認識して、排除のための「抗体」と呼ばれる物質を産生します。

 

そして、アレルギー反応で炎症が起こった場所には大量の活性酸素が発生し、さらに症状を悪化させてしまうのです。

水素には抗酸化作用・抗炎症作用があることが分かっています。 現在行われている様々な研究では、水素水に含まれている分子状水素が一酸化窒素(NO)と同じように、細胞内のガス状情報伝達系に作用して、アレルギー反応を抑える働きがあるというのです。

 

大量の薬の服用や、年間通してのマスク着用は 本人にしかわからない辛さがあり、不自由な生活を強いられます。

 

一度、高濃度水素水で根本的な体質改善されてみては?