関節リウマチ…注目の水素水

病気になるメカニズムはまだ完全には解明されていません。

 

しかし、病因として考えられているのが免疫機能の異常です。

白血球の1種であるリンパ球に、ウイルスなどなんらかの刺激がくわわり暴走、自分自身の正常な細胞を敵と間違えて攻撃してしまうことで発症します。

 

免疫とは本来、体外から入ってくる細菌やウイルスなどを排除し生きるための仕組みですが、これが過剰反応しているのです。

 

最近の研究では、水素浴と水素水をリウマチ患者に手渡したところ、病状が著しく改善した…というケースが数多く報告されています。

なぜこういう結果が出たのか、すべての理由が明らかにされたわけではありませんが、水素水に含まれている水素が、関節リウマチの原因と考えられる悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルを効果的に(H2)が抑制している。

 

さらに関節内で起きている炎症に対しても水素水に含まれる水素がアプローチし、炎症性サイトカインを抑制する「優れた抗炎症作用」が発揮されたのではないかと推察されています。

 

自己免疫疾患である関節リウマチは、すでに全国で100万人を超える患者数です。

長期化することで、関節そのものが変形・破壊されていく大変恐ろしい病気です。

 

ちゃんとした知識を身につける事で、痛みや長期診療から解放される期待が持てる「水素水」の飲用と入浴!

 

不治の病では なくなりました! 水素水の活用=「飲む事」「入浴する事」で 健康生活を!