糖尿病と水素の関係

水素水・水素と糖尿病。その関係性にいま多くの研究者や医療機関が注目しています。

 

現在、糖尿病および予備軍を含めると国内で2300万人を超えると言われ、中でも2型糖尿病(生活習慣病が要因)が95%を占めています。

糖尿病は“加齢”=歳をとるごとにリスクが上がる病気です。 そのメカニズムに“活性酸素”が大きく関係しています。

 

実はインスリンを生む、すい臓のβ細胞は、“活性酸素”にとても弱い組織です。体内で発生した活性酸素がすい臓のβ細胞を傷つけてしまうと、血糖値を下げるインスリンの分泌量が低下し不足します。 さらに本来ブドウ糖を取り入れエネルギーに変える細胞内のミトコンドリアが、活性酸素により弱まると、血中のブドウ糖を取り込む働きも低下(インスリン抵抗性)。悪い活性酸素が細胞やミトコンドリアを傷つけることで、糖尿病が始まるのです。

 

そこで“水素水・水素(H2)”の出番ですね。

細胞内にも浸透できる水素は、悪玉活性酸素を無害化する働きがあります。 活性酸素によって傷つき弱ってしまうβ細胞・ミトコンドリア、細胞を水素が保護します。水素がインスリン分泌を効果的に促進することや、代謝をあげ血糖値を下げる効果的な働きをすることは、すでに数々の論文で証明されています。

 

予備軍といわれる境界型糖尿病(空腹時血糖110~125)の患者に水素水を飲ませて、糖負荷試験を行ったところ、わずか8週間で血糖が正常値に戻った事例も報告されており、最近では、クリニックなどでも糖尿病患者に水素水を勧める医師が増えているようです。

しかし、一方でこうした臨床検証を知らない医師も多い事も現実ですし、患者本人がこのような情報を知らないのも事実です。

 

治る…という医事用語は使えませんが、長期間苦しんだり薬の服用をされるより 一度「水素水」をしっかり飲用する生活習慣を身につけられることをお薦めします。

 

糖尿病が不安、気になりだしたら 水素水をお試し下さい!