諦めないで!ガン治療

最新の研究で「がん治療」に水素水・水素が大変役に立つことが分かっています。

 

感染症を除いたほとんどの病気の主因は、「活性酸素」が細胞・遺伝子を傷つけること…ご承知の事と思います。

これは、人間もペットも同様です。

 

例えば、「がんをたたく」という治療法。 多くのがんに効果がある抗がん剤・シスプラチンは体内に大量の悪玉活性酸素を生みだし腎臓にも大きなダメージを与えます。しかし水素や水素水をとることで、抗腫瘍効果を弱めることなく、副作用を大きく軽減できることが報告されています。

 

また「がんを焼く」放射線治療でも、体内の水分と放射線が反応し大量の悪玉活性酸素が発生してしまいます。これが健康な細胞・遺伝子まで傷つけ体力をうばう犯人。この副作用も水素ガス・水素水を体に取り入れることで抗腫瘍効果を弱めることなく、軽減できることが分かっています。

もちろん「がんを切る」手術によっても炎症が起き、活性酸素が大量に発生します。酸化ストレスにさらされた身体の中では、健康な細胞や遺伝子が傷つき、免疫力・治癒力が低下。 副作用によって病気と闘う体力、生きる力を失っていきます。

 

さらに、がん治療中に発生する悪玉活性酸素はガンの悪性化、新たながん(2次がん・転移)の発生率を上げることも報告されています。治療中はもちろん、治療が終わった後も、ひとつひとつの細胞は、悪玉活性酸素と戦い続けているのです。

 

医師自身が抗がん剤を利用しない理由が ココにあります。

 

高濃度水素水などで水素を身体に取り入れると、治療の抗腫瘍効果を保ったまま、副作用の真犯人・ヒドロキシルラジカルなどの悪玉活性酸素だけを取り除く。

これが『がん治療』において、水素水・水素が注目される理由です。

 

諦めないで! ガン治療!!