人の体液って?

人の体は70%が水といわれています。

 

60キロの人なら、「60キロ×0.7=42リットル」の体液が体内にあるということになります。 体内には、2リットルのペットボトルで約20本分の水があることになります。

 

この数字を聞くと、体液は多いようにも少ないようにも感じられます。この体液のうち、90%は「水」です。この水を「生体水」といいます。

 

人が生活を営むために、良い生体水を保持することはとても重要です。

「良い水とは?」~「体内にある水(生体水)と、同じ水を飲むことができることが理想です」! いわゆるこの体液は、弱アルカリ性ですので 『水素水』も弱アルカリ性で同質の水素水がより効果的であることが証明されています。

 

さらに、もっと効果的な飲み方は、体温とほぼ同じ水温である事。これは、飛散しやすい水素の性質を考えると、体温との温度差(水素水の水温が低い場合) 体温による蒸発・気化・飛散により腸まで届かない訳です。

 

常温での飲用ですと、口から飲んだ時から水素は45%~60%がこうした理由で抜けていますので、「効果」を体感するには溶存水素が1000ppbは確保できる機器が必要ですね。

 

こうした情報は、生成器メーカーは公表しませんので、知っておくと選択する判断基準に役立ちます。

 

弱アルカリ性の高濃度水素水生成器 Gyms Silkyジームスシルキー