医師が否定する抗がん剤?

患者は「抗がん剤」しか頼る術はないのですか?

 

北斗 晶さんの乳がん摘出ニュースは、世間の女性にはショックだったと思います。

術後の抗がん剤投与を宣言した彼女は、「生きる」事を宣言した事でもあります。

 

一方で、日本の医学界には本音とタテマエがあり、ガン専門医の95%が「自分 もしくは家族がガン宣告を受けた場合に抗がん剤は使わない」と回答しています。

 

抗がん剤は、1割のガン(小児がん・悪性リンパ腫・小児急性白血病など)にしか効かない事も医師は熟知しています。 (厚労省の研究班も同様の回答です)

 

抗がん剤は、患者の免疫や肝臓機能に壊滅的な打撃を与えるとともに、強烈な副作用を伴います。

激しい嘔吐を抑制するための、制嘔吐剤が使われ、抗がん剤の有害性を助長してしまいます。 これらを熟知する医師も、「経営」のための収入源として抗がん剤を使わざるを得ない現状とは、何か矛盾と疑問を感じます。                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一昨年の2月に胃がん末期を宣告され、真剣に水素水を飲用された方がいます。(余命半年=昨年の8月まで)

 

末期症状ですから、水素水のチカラがどこまで通用するか私も不安でしたが、今年の7月にご逝去され余命宣告を約1年延命した事例は つい先日の話です。

定期検診の度に 医師は水素水の飲用効果を認めた…そうです。

 

医療や薬に依存しないためにも、正しい機器と正しい使い方をしましょう。

 

自分の健康は 自分で守る!