活性酸素って?

意外と知らない『活性酸素』のこと

 

呼吸によって体の中に取り入れられた酸素は、体内で栄養分を燃やして、生命を持続させるために必要なエネルギーをつくり出します。

 

このとき、数パーセントが、不安定で他の物質と反応しやすい活性酸素となります。

活性酸素は、空気中の酸素が鉄などの錆の原因になるのと同じ様に、体内で遺伝子や細胞を酸化させ(傷つけ)、老化、癌、動脈硬化、その他多くの疾患をもたらす重要な原因となります。

 

具体的には、体内のタンパク質と反応するとタンパク質が変性したり、遺伝子と反応すると分解や突然変異が生じるなどの例が挙げられます。

結果として、多くの疾患をもたらす原因となるわけです。 生きていく限り、活性酸素の発生は否めませんので、生物には活性酸素の害を自ら防御する抗酸化作用がそなわっており、通常は、発生した活性酸素を速やかに消去します。

 

しかし、この抗酸化能力以上に酸化ストレスが高まるとさまざまな酸化ダメージ、すなわち不健康な症状が生じます。心身へのストレス、紫外線や放射線、大気汚染、タバコ、過度な運動等々の外的要因も、酸化ストレスを高める原因になります。

 

図のヒドロキシルラジカルとだけ結合する水素は、抗酸化物質のエキスパートですね。

 

H2+OH=H2O+H  

 

無害な水となって体外放出です!

※壊れない・ランニングコストの安価な機器を選びましょう。

 

厳選した水素水生成器をお薦めしています!