高濃度水素水の~正しい飲み方


ご購入された商品には『2017年最新版 水素水 効果マニュアル』

皆様にお付けしています

 

水素水は【生成法 飲み方 飲む量 飲むタイミング 使う水 効果水温】によって効果に差が出ます。

『2017年最新版 水素水 効果マニュアル』を参考に飲用で確かな水素水効果を実感して下さい。

※現在お体の調子が優れない方や、持病をかかえる方は特に参考にされ実践して下さい。

※この『2017年度最新版 水素水効果マニュアル』は、他では入手できない貴重な保存版資料ですので、是非活用して下さい。(再発行はしておりませんので、大切に保管して下さい)


全国的に記録的な高温により、この冬も暖冬の日が続きました。やはり怖いのは肌の乾燥対策やこれからの季節の体調管理です。しかし、水分不足となった場合に、どうなるか?と言う具体的な説明を聞くことは、ほとんどないのが実情です。では、一般的には、水分の欠乏がどれほど怖いか、何が起こるのかを以下にご説明致します。

 

 水分減少率         何が起こるか?
1~2%           疲労感、イライラ、頭がぼんやりする。覚醒レベルが低下
3% 血液循環が悪くなり、脳梗塞などが起こりやすくなる
5% 体の自由がきかなくなる
7% 幻覚、幻聴、意識混濁が起こる
10% 死に至る


例えば、体重60㎏の高齢者(体内水分量60%と想定)の場合、36㎏が水分ですので、1%とはいえわずか360~720ml、つまりコップ2杯~ペットボトル1本半程度の水分補給が不足しただけで、意識がぼんやりして、720ml不足すると、血液循環が悪くなり、脳梗塞などが起こりやすくなります。
 

さらに意識がぼんやりして、寝込んでしまい1日ほとんど食事も水分補給できなかった場合、2.5リットル以上不足するため、死に至る可能性が発生するなど、一般的にありそうな状況で死の危険が潜んでいることが判ります。

 

一般成人で、日にどのくらいの水分を摂取しているかといいますと、平均で「2.5リットル」です。

朝のコーヒーやお味噌汁からはじまり、昼食時の飲み物や喫茶店でのコーヒーブレイク、夕食時の飲み物やお酒、料理にも当然大量の水分が含まれています。しかし、健常者でも日に1.5リットル以上の水を飲むというと、大変多いように思ってしがいがちです。

水分(水素成分)は体内の奥の細胞まで浸透するのに、約20分程度かかりますので、喉が渇いたという感覚時に飲んだのでは遅い事がわかります。是非この飲み方を習慣化して、熱中症だけではなく体内の活性酸素を撃退し、健康な生活をお過ごし下さい。

 

※特にお子様やご高齢者、ペットには 水素水が効果的です。是非 お試し下さい。

※また、使用する水は できるだけブルーソーラーウォーターをお薦め致します。

★詳しい飲み方・活用法は、「2017年度最新版 水素水効果マニュアル」をご参照下さい。


水素水の活用法


生成した水素水は、飲むだけではなく 皮膚へ噴霧する事でより一層の効果を発揮します。

 

水素水には、強い抗酸化力で活性酸素を撃退する他、コラーゲンの産生を促進させるパワーがあります。そして、他の抗酸化物質にはできない水素のパワーは、皮膚細胞内まで入り込み、細胞内に存在する体に有害な活性酸素を除去できることです。

 

これは小さな分子構造を持った水素だからこそなのです。私たちの体内では常に新しい細胞が作り出されています。

水素が細胞内の活性酸素を除去して細胞の活性化を促進していますので、代謝能力が高まり皮膚を正常に保つことになります。

 

※お肌の大敵は紫外線です。

紫外線を浴びると、皮膚を守る防御機能が働き、体内では過剰な活性酸素が発生してしまいます。それが、シミやしわ、くすみなどの肌トラブルを引き起こしています。

これは、活性酸素が皮膚細胞を損傷するばかりか、核の収縮や断裂によって起こるDNAの損傷や細胞死を至らせているからです。

 

出来立ての水素水をスプレーで、顔やお肌・手足 髪の毛などに噴霧して下さい!

水素水の飲用と相乗効果で 尚一層の効果を発揮します。

(ブルーソーラーウォーター専用ボトルで作った水で、水素水を生成し それをスプレーする事をオススメ致します)