「ブルーソーラーウォーター」が注目されるワケ


  • ブルーソーラーウォーターは、ご家庭の水道水(浄水器の有無に関わらず)や井戸水で簡単に作る事ができます。
  • 水道水の場合は、地域によって量の異なる塩素や凝集剤などを日光照射によって排除し、甘くて美味しい水が作れます。
  • 殺菌剤を排除しますので、使用(保存)期間も3日~4日程度で使い切って下さい。
  • 一定時間が経過したブルーソーラーウォーターは、お風呂や洗濯水・洗顔などで使え、捨てる事はありません。

 


◆ブルーソーラーウォーターの残留塩素◆

 

※厚労省発表の「美味しい水」は0.4mg/Ⅼ以下です
水道水

Over

0.80

0.60

残留塩素が検知されます

カルキ臭が感じられます

美味しい水

0.40

0.30

0.20

0.15

残留塩素が検知されます

カルキ臭は感じられません

0.10 残留塩素がわずか検知されます

0.05

0.00

ほとんど検知されません

0.01mg/L~ブルーソーラーウオーター

 

残留塩素測定(水道水)を同じ水を使って検証しました。

 

●水道水…0.6mg/L~Over

●逆浸透膜浄水器…0.04mg/L

●ブルーソーラーウオーター…0.01mg/L

 

ブルーソーラーウォーターは、厚生労働省基準の残留塩素0.4mg/Lを大きく下回り、安全でおいしい水であることが証明されています。


◆ブルーソーラーウォーターの人気のワケ◆

今、世界中で使われ 注目されている「ブルーソーラーウォーター」ですがまだブルーソーラーウォーターの効果や活用法を知らない方が多いのも実情です。

毎日飲むだけでなく、お風呂やお花の水、洗顔や料理・洗濯、ペット用や水槽など 古くから生活の場面の全てに何でも使われてきたブルーソーラーウォーター。市販の水を購入する事なく、ご自宅の水道水で簡単に作れる「太陽の万能水」で暮らしに安心と健康を加えられたらいかがでしょうか。

 

さて、ブルーソーラーウォーターを飲用や活用が何故良いのかと言いますと、IGF-1という成長ホルモンが増えると言われています。

 

IGF-1とは、インシュリン様成長因子のことで、別名をソマトメジンCといいます。

成長ホルモン(HGH)から作られ、ほとんど全ての人体組織や人間の母乳、唾液を含む液体の中に存在する物質です。インスリンといっても糖尿病などで聞くインスリンとは異なります。

 

成長ホルモンの作用の多くは、このIGF-1を介して行われているため、IGF-1が存在しなければ成長ホルモンは有効に働けません。人の細胞では、特に骨や筋肉、肝臓、腎臓、肺、神経、皮膚の細胞がIGF-1の影響を受けると言われています。

 

IGF-1不足は健康にダメージを与えます。

例えば髪の成長サイクルを語る上で欠かせない物質が、IGF-1健康な肉体を維持するために大変不可欠な成長因子です。というのも、IGF-1は体内のあらゆるところで作用し重要な働きを担っています。つまり、IGF-1の働きが鈍ったり、数が減るだけで健康に悪影響をもたらしかねないという、それほど活躍している物質なのです。

 

このように健康をキープするのに非常に大切な役割を持つIGF-1ですが、もし体内で不足した場合、まず内臓の諸器官はその働きが悪くなります。というのも、IGF-1には血管拡張作用があり、スムーズに全身すみずみまで血液を循環させているからです。もし、不足状態を放置すれば、高血圧や脂質異常症、糖尿病、心臓疾患など重大な病気につながります。

 

また、IGF-1には学習効果を高めたり、神経伝達にも影響があることが確認されているので、不足する事でうつ病やアルツハイマー症など脳と関わる疾患も出やすくなります。

 

そして、IGF-1には栄養素のビタミンと似た働きも持っており、粘膜の働きを維持するビタミンAや抗酸化作用のあるビタミンC、骨の健康とかかわるビタミンDなど、さまざまな健康を維持するための作用があります。

 

これは、皮膚や毛髪にとっても例外ではありません。IGF-1は皮膚にあって汗腺の働きを活発にして新陳代謝をうながし、健康的な肌をもたらします。また、髪の毛にとっては、IGF-1の作用があるからこそ毛母細胞は活発に働くことができ、毛髪の正常なサイクルを維持できるのです。

 

このように体全体の健康に影響を与えているIGF-1ですが、残念ながら年齢と共に減少しますので、効率良く体内で増やすためにはどうすれば良いかと言いますと、年齢に合ったバランスの良いIGF-1の摂取にブルーソーラーウォーターを、さらに悪玉活性酸素の無毒化に水素水の飲用と効果が大変注目を浴びています。

 

ブルーという色は視覚的にもカラーセラピーでも精神を安定させる力がありますし、ブルーの波動は肉体疲労(肩こり・筋肉疲労・痛み・リウマチなど)の他に、コミュニケーション能力を向上させる効果があります。

 

是非 生活の中にブルーソーラーウォーターをお使いになって、心身の浄化・体質改善、水素水生成の使用にお役立て下さい。

 


ブルーソーラーウォーターの作り方

◆ブルーソーラーウォーターの作り方をご案内致します。

 

市販されているミネラルウォーターや天然水では費用がかかりますので、ご家庭の水道水や井戸水で結構です。

作り方はいたって簡単、以下の手順でお作り下さい。

 

  1. 専用ボトル(1.8ℓ 2本)に水を入れて付属のフタをして下さい。

        (無くされた場合、金属のフタはNGですので、ラップなどで代用して下さい)

 

  2. ボトルを太陽の陽ざしに約30分程度照射して下さい。

    (30分以上であれば構いません)

 

  3. 晴天や曇天は光合成可能ですが、雨天は避けて下さい。

 

  4. 完成です! 温水ポットや他の入れ物に移して保存するだけです。(冷蔵庫でもOK)

 

※ブルーソーラーウォーターは、必ず専用ボトルをご使用下さい。他の色(透明に近いか薄い青色など)ですと、波動水(甘くなる)にはならずに苦味が出ます。

 

ブルーソーラーウォーターの活用法

◆ブルーソーラーウォーターの活用法をご案内致します。

 

生活の中の全てのシーンに活用いただけますので、是非お試しくださいませ。

  ◎飲用 ・・・ 直接の飲用、コーヒー・紅茶、お茶などに

 

  ◎料理 ・・・ 炊飯、煮物やお味噌汁などに

 

  ◎洗顔 ・・・ 洗顔やお風呂、化粧水代用などに

 

  ◎植栽 ・・・ お庭の草花やお部屋の生花、榊などに

 

  ◎ペット ・・・ ペットの飲用水として

 

  ◎パソコン ・・・ パソコンでお仕事中にモニターの横に置くだけ

 

  ◎お部屋 ・・・ お部屋や玄関などの空間にエッセンスを数滴入れてスプレー噴霧

 

など、限りのない使い方がありますので、自由に使われて宜しいかと思います。

 

「My神透水ボトル」シリーズの購入ページへご案内致します。